Promise

購入時の出来事

結構大仕事である。

さて、購入を決めたのだが、お金を払えば子犬をくれるというわけではなかった。

購入契約書へのサイン
B5一枚の購入契約書があり、子犬のためのいろいろな約束事が書いてあり、まずそれにサインをする必要があった。 ま、これは当然のことで、内容の把握とサインを行った。

子犬のストレスについての基礎知識の理解
このお店の専属の獣医さんが作った子犬のストレスについての資料、A43ページを読む。 子犬は、寝ることが仕事なので、十分に寝かせること。 また、家につれて帰った日から数日は、子犬の環境が激変するのでの、十分に注意すること。 舞台的には、声をかけたり、触ったり、一切刺激をしないことだそうだ。 そうしないと、ストレスによって衰弱し、ひどいときは死に至ることもあると書いてあった。 また、飼育初期のストレスによる下痢や嘔吐は、保険の効かない病気(パルボウイルス感染症)だと誤診されやすい。 その結果、多額の治療費を支払う羽目になることもあるようだ。

10日間の約束事の承諾
お店と獣医さんと買主間の約束事が書いてあった。 守ることは、3つ。
1.静かに寝かせることこと
人間の赤ちゃんと同じで、とにかく寝させること。 小屋(ゲージ)の外に出して遊ばせたり、抱いたり、覗いたり、話し掛けたりすると睡眠の妨げになる。
2.餌は朝晩、1日2回、水および牛乳等を与えないこと
十分な水でふやかした餌を与えることで、必要な水分は摂取できる。 その他に水や牛乳を与えると、おなかを壊したり、冷やしたり、下痢を起こす原因となる。
3.部屋の温度を一定に保つこと
昼夜の気温の変化により、おなかを壊したり、冷やしたり、下痢を起こす原因となる。 そのため、夏場であっても小屋(ゲージ)の中には「アンカ」を入れておく。

動物保険への加入
年払の動物保険に加入しておくと、加入後1ヶ月の治療費は、100%保険で負担する。 その後の11ヶ月は、治療費の50%を保険で負担すると書いてある。 一度獣医へ行くと、治療費に4、5万円は取られらしい。 それを考えると、すごく安いから入っておくようにといわれた。

初期セットの購入
餌2袋、
カルシウム、
ミルク、
糖、
食器、
アンカ、
くし、・・・

このようなものを最初に購入させられた。 ま、どれも必要なものばかりだ。

全部の契約を済ませ、最後に餌の作り方を教えてもらって終わりである。

あ、そうそう、お金を払わなければ。そうそう。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>