Panlacmin

パンラクミン(Panlacmin)

効能など
腸内の善玉菌である乳酸菌を増やす目的で使っている。
乳酸菌飲料と違うのは、有胞子の形で摂ることができるという点である。 生きている乳酸菌を口からとった場合、強力な酸性の胃を通り抜けるときに、 ほとんどのものが死滅するとされている。 このパンラクミンは、胃を通り過ぎて後、胞子から乳酸菌が生まれるので、 腸に到達できる菌の量が圧倒的に多いのが特徴である。

Comments are closed.