Memories of my parents

養素の知識』、それは父と母の形見

栄養素との出会いは、父からの紹介であった。 その頃、私は27才(1985年)で、就職のため上京して2年目のときであった。 25才までは、実家の宮崎で両親と暮らしていたので、食事には何一つ不自由していなかった。 もちろん、健康もすこぶる良好であった。

しかし、上京して一人暮らしを始めると、環境は一変した。 残業に次ぐ残業、不規則な食事、慢性的な睡眠不足、会社帰りの飲酒。 今考えると、からだによいことは何一つもなかった。 その結果、季節を問わず風邪を引きやすくなったし、 親知らずなど最近になって生えてきた歯がボロボロになってきた。

そのころはまだ独身だったので、年末年始には必ず帰省していた。 体をかなり壊している息子を見るに見かねたのか、 父が栄養素を摂るようにと、数種類送ってくれた。

最初にもらったのが、 ビタミンC、E、パンラクミン、カルシュウム、 それに自家製の酵素飲料であった。 それらのビタミン類や天然食品を取る生活を数ヶ月続けていたら、体調がめきめきとよくなってきた。 というのは、風邪を引きにくい、いらいらしない、気持ちが前向きになるなど、知らず知らずにそんないい体になってきてしまったのだ。

それ以降、私は栄養素との生活をそれからずっと続けている。 優れて効能があるものは、友人や知人にもすすめているし、 もちろん、結婚後の自分の家族や家内の両親については、当然のことである。 私は、このサイトで栄養素について健康維持におけるその優位性について、自分の体験談をもとに情報を公開してみたいと思っている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>